インテリアコーディネーターの合格率・難易度ってどれくらい?

クリエイティブ系資格

インテリアコーディネーターの合格率は?

インテリアコーディネーターの仕事を行う為には、資格の取得が必要です。そんなコーディネーターの受験資格は、特に不要で誰でも受検可能な資格になっています。その為、特別な学校を卒業していなくても可能なのです。ただし、2次試験を受ける際は、1次試験に合格しておく事が必要です。

そして、インテリアコーディネーターの資格の難易度としては、一般的に5段階で表した場合、3段階だと言われています。

1次試験に合格する為には

70%から75%に正解率が必要で、マークシート式になっている為、解答はしやすいかと思います。そして、実際の合格率は25%ぐらいとなっており、決して、簡単に取得する事ができる資格とは言えないかと思います。

また、インテリアコーディネーターの場合、特別な学校での勉強は不要になっていますが、だからと言って、独学で、そう簡単に取得する事ができる資格でもありません。その為、多くの人が通信講座などを利用し、効率よく勉強し、受験しています。もちろん、専門書を購入し、独学でも受験は可能ですが、通信講座などを利用した方が効率が良いかと思います。

1次試験の特徴は、マークシートで160分。ほとんどが、暗記の内容になってきます。その暗記の範囲は、カーテンや家具といったものから、建築に関わるものまで幅広く出題されるため、いかに効率よく思えるかが勝負になってきます。

2次試験に合格する為には

反対に2次試験においては、論文とプレゼンテーションになっており、論文では、専門知識を活かした文章力。そして、プレゼンテーションでは、課題に合わせ、インテリア計画の力、製図力が試されるようになっています。1次試験とは違い、総合的な力が試される、そんな試験になっているのです。

このように、インテリアコーディネーターの資格を取得する為には、暗記と総合的な力が必要不可欠となっており、丸暗記だけでは試験に合格する事は出来ず、決して、簡単に合格する事ができる資格と言う事は言えません。

インテリアコーディネーター資格試験は難しいの?

1次試験は、正直暗記の問題ばかり…、暗記問題が得意な方であれば独学での合格は1次試験は可能である。しかし、2次試験では論文やプレゼンテーションがあり試験は実践的な内容で実施されているといえる。やはり、2次試験は独学での合格はかなり難しいと言っていいでしょう。

インテリアコーディネーターの資格試験を合格するには1次試験のような専門的な知識も必要ですが、難関は2次試験の内容がキーとなってきます。これだけ専門的なスキルを身に付けるのでインテリアに興味でないとなかなか難易度が高い資格ともいえます。

独学で合格するのは可能なの!?

この手の質問は多くあります。正直、独学でインテリアコーディネーターの資格試験を合格するためには実務経験が必要です。

資格試験でいえば、1次試験は暗記問題ですので、独学で合格することは十分可能と言えます。しかし、2次試験では論文やプレゼンテーションがあり試験はより実務的な内容になります。やはり未経験者で独学で合格をしようとする場合には厳しいとしかいえません。

未経験者で独学で合格をしようとする場合には、通学講座などの専門学校に通うか、ユーキャンなど通信教育で入ることをオススメします。

いずれも、2次試験だけの講座もありますので、暗記問題などに自信がある方は、1次試験は独学で勉強して、2次試験は通学講座または通信講座などを利用することをお勧めします。

長期プランで合格を目指す!

時間にゆとりがある場合には、こんな方法もお勧めです。まずは、一年間、1次試験の合格だけを目標にして勉強しましょう。それは、1次試験を合格をすれば3年間は試験が免除されます。1年目は1次試験の合格を目指し専門知識を学び、2年目に通学講座や通信教育など利用して論文やプレゼンテーションを学び2次試験の合格を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました