中卒《高校中退》から保育士になるにはどうしたらいいの?資格取得方法とは

国家資格

中卒の方でも保育士になることは可能です。今回の記事では、中卒の方が保育士になるための3つの方法を詳しくご紹介します。また、中卒であっても保育士を目指すためには、資格取得までのステップを踏む必要があります。今回は、そんな中卒の方が保育士になるための方法とスケジュールを詳しくご紹介しますので、どうぞご一読ください。

中卒《高校中退》から保育士になる方法とは

保育士を中卒からなりたいという方は決して近い道のりではありません。保育士の受験資格は大卒以上になっているため中卒から保育士なるには高卒認定を受ける必要があります。まず、どの方法を通ろうが一番は高卒の資格をとることが最優先です。

この高卒認定をとることによって、大学や短大、専門学校などの受験資格を得ることができ、そこでスタートラインに立てるのです。

中卒の方が保育士になるには3つの方法

①中卒→高卒認定→短大や大学、専門学校
②中卒→高卒認定→児童福祉施設に2年以上かつ2880時間勤務→保育士試験
③中卒→児童福祉施設に5年かつ7200時間勤務→保育士試験

高卒認定を取り、短大や大学、専門学校に進学する

高卒認定を取り、短大もしくは大学、専門学校に通うことで保育士の資格を取得する方法です。この場合の最大のは、厚生労働大臣が指定する保育コースなどがある学校を卒業することで試験を受験しなくても卒業したら保育士の資格を取得することができます。

学費や時間に余裕がある方であればこの方法をとることが一番おすすめなのではないでしょうか。

高校卒業認定の資格をとって児童福祉施設で働く

金銭や時間的な理由によって進学が困難な場合には、児童福祉施設で働きながら試験を受験することができます。

高卒認定の資格を取得して児童福祉施設で2年以上そして実質2880時間以上働くことで保育士を受ける資格を取得することができます。

高卒認定の資格を取得しながら児童福祉施設で働くということも可能なので、時間と予算が合うのであらばこの方法でもいいのではないでしょうか。

中卒のまま児童福祉施設で働

高卒認定の資格を取得しないままで中卒から保育士の資格を取る場合には、児童福祉施設に5年かつ7200時間勤務していることが条件になります。
身近に感じられるのは保育園かと思われますが、無資格でも、アルバイトやパートで雇用してくれる保育園もありますのでいくつか問い合わせてみてはいかがでしょう。

児童福祉施設とは、助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育園(認定外保育施設は問い合わせのこと)、児童厚生施設(児童館)児童養護施設、障碍児入所施設、児童発達支援センター、情緒障碍児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センターを言います。

この条件の場合で考えてみると7200時間は、一日6時間働いたとして計算すると約5年になります。
保育園で子供と触れ合いながら勉強すれば、理解が深まるメリットもあり、一日6時間勤務するということは年金、保険に加入する権利も生まれます。

実は、保育士試験は合格科目の有効期限が3年なのですが、2年かつ2880時間児童福祉施設に勤務している人に限り、有効期限が5年に延長されるという特典が与えられているのです。

中卒《高校中退》でも保育士を目指せる!

このように保育士は、中学卒業《高校中退》でも資格の取得を目指せる職業です。資格取得までの道のりは大変ですが、子供が好き、教育が好きなど保育士になりたいという強い希望があれば保育士になることは可能です。また、保育士という職業は、一般の職場と比較しても学歴というのはあまり問われない職場でもあります。なので、十分中卒《高校中退》であっても活躍することができるのではないでしょうか。

保育士の資格試験って独学でも合格できる?

保育士を独学で勉強する場合は、未経験の場合、合格率を見てみると10%台と難易度は高いでしょう。

小学校教諭や幼稚園教諭などを取得していてキャリアアップのために保育士も取りたいという方には独学での合格は可能ではないでしょうか。

資格の取得は、他の国家資格と比較するとそれほど難しくはありませんが、やはり専門知識がないと難しいので、未経験の方の場合にはなんらかの専門学校や講座を受講されることをおすすめします。

受験資格があり、その条件を満たせば、試験を受験することが可能です。試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験はマークシート択一方式です。60パーセント以上の正解で合格することが出来ます。

いくつかの科目があり、一度合格した科目はその後3年間の試験では免除してもらうことが出来ます。実技は選択式となっており、自分の得意分野を選択すれば大丈夫です。

実技は、音楽・絵画・言語・一般あり、そのうちの3つから問題が出され、そのうち2教科を選択することができます。例年、音楽・絵画・言語の中から大体問題が出されることが多いです。3つのうちの2つですから、仮にピアノが苦手という方でも安心できますね。

独学での資格取得までのスケジュール

必要な知識を学習するには1年程度の学習が必要です。独学での勉強も可能ですが、効率よく勉強するためには、通信教育などを利用すると便利です。通信教育のテキストは必要なところがわかりやすくまとめてあり、効率よく勉強できます。

また実技対策も動画で勉強することが可能です。最短では勉強を開始した翌年に受験し、合格すれば保育士になることが出来ます。

まとめ

中学生卒業資格しかない方でも保育士を目指すことは可能で、それには3つの方法があるということがわかりました。まずは、自身がどの方法で保育士を目指すか決めていきましょう。ただ、やはり保育士資格を取得するにはかなりの時間と労力が必要ということも理解して、しっかりと資格取得までのスケジュールを考えていき、自分の生活に合わせた資格取得を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました